妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)


妊娠中に、高血圧、尿タンパク、むくみのうち1つまたは
2つ以上の症状が出ることを、
以前は妊娠中毒症と言いましたが、
現在は、妊娠高血圧症候群に改められ、
妊娠前から持っているものではない
妊娠20週以降、分娩後12週までの高血圧と、
高血圧に尿タンパクを伴う場合をいうようになり、
むくみは定義から外されました。


しかし、むくみが定義から外れたことを疑問視する医師も多く
一概にむくみは関係ないと位置づけてしまうのには
危険があるようです。


妊娠高血圧症候群が重症になると、血流が悪くなり
胎児に酸素や栄養が行かなくなって、
早産や発育不全胎児仮死などを引き起こし、
赤ちゃんに危険が及ぶ場合があります。


また、弛緩出血や全身けいれん発作(子癇発作)胎盤早期剥離など
お母さんにも危険が及ぶ場合もあります。


母子の危険性が大きくなった場合は、緊急帝王切開によって
分娩が行われます。





posted by mari at 21:56 | 緊急帝王切開になるケース

帝王切開 お腹の切り方(皮膚)


帝王切開のお腹の切開方法には、縦切りと横切りがあります。
切るのは大体10センチ程度です。


縦切開の場合、おへその下から恥骨に向かって、縦に切ります。
医師にお腹の中が良く確認できるため確実で、
手術時間が短くてすむので、緊急で帝王切開になった場合
縦切りになることが多いようです。
ただ、縦切りの場合、術後の傷跡が目立ちます。

横切開の場合は、恥骨の上あたりを横に切ります。
縦切開よりは、時間がかかりますが、傷口が目立ちにくく、
見た目がきれいです。


ただし、傷口の目立ち方は、縦のほうが目立つとはいっても、
医師の腕にもよりますし、ほとんど目立たなくなることもあります。
体質によって、傷跡がミミズ腫れのようになってしまう(ケロイド)
こともあります。

今は、緊急の場合は別として、横切開が主流のようです。
しかし切開の方法は、産院によっても違うので、確認が必要です。
どちらで切開するか選択できたり、縦切開で手術するところも
あります。


事前に帝王切開が決まっていて、希望の切開方法がある場合は、
きちんと医師に確認しておいたほうがいいでしょう。
posted by mari at 22:52 | 帝王切開の手術方法

帝王切開出産のメリット


帝王切開というと、デメリットばかりが言われますが、
ここで、メリットを挙げてみたいと思います。


経膣分娩が不可能な場合や、経膣分娩では危険性が高い
場合でも、帝王切開によって命を救うことができる。

母子の命の安全を第一に考え、お母さんと、赤ちゃんへの
負担を最小限に抑えながら出産できる。

安全で、短時間で出産できる。

予定帝王切開にした場合、出産の日を事前に決定できるので
入院準備も、心の準備もしっかりできる。

手術には健康保険が適用されるので保険がきく。

個人でかけている、生命保険や、医療保険がある場合
手術や入院費用がおりてくる。


といったことがあげられるのではないかと思います。

つまり、帝王切開のメリットとは、
帝王切開によって、救われる命があるということと
経膣分娩より、少しだけですが金銭面で得することも
あるということでしょうか。
posted by mari at 23:46 | 帝王切開のメリット

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。