常位胎盤早期剥離


通常胎盤は、赤ちゃんが生まれてから、後産として
はがれ出ます。

しかし、胎盤は正常な位置にあるのに、何らかの理由で
赤ちゃんが生まれる前に、子宮壁からはがれてしまうことを
常位胎盤早期剥離といいます。
大出血を起こすことが多く、大変危険な状態です。

常位胎盤早期剥離でも、
軽症ならば、腹痛や、出血を伴いますが、
安静にしていれば、持ち直すことができ、自然分娩も可能です。

しかし、重症になると、激痛を伴い、
子宮内で大量出血が起こるので、
お母さんがショック症状を起こしたり、
赤ちゃんも胎盤からの供給が絶たれるため、
酸素不足で死に至る危険が高くなります。

母子ともに、大変危険なため、
一刻も早く娩出しなければならないので、
帝王切開して赤ちゃんを取り出します。


posted by mari at 11:21 | 緊急帝王切開になるケース
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。