軟産道強靭


通常、分娩が始まると、赤ちゃんを降下させるために
子宮頸部から膣、会陰科での産道が、
分娩の進行とともに、軟らかくなり(熟化)広がります。


このとき、何らかの理由で、十分な陣痛がきているのに
産道が軟らかくならず(熟化兆候不全)、
子宮口が開かなかったり、開くのに時間がかかってしまったり
することを、軟産道強靭といいます。


軟産道強靭の原因としては、

体質
高齢出産
子宮奇形

などがあげられます。

軟産道強靭と診断された場合、頸管熟化剤の投与など
子宮口を開きやすくする処置をしますが、
それでも子宮口が開かない場合、帝王切開に切りかえます。

posted by mari at 15:40 | 緊急帝王切開になるケース
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。