帝王切開の麻酔方法(全身麻酔)


帝王切開の手術では、通常は腰椎麻酔や、硬膜外麻酔
(いわゆる下半身麻酔)で行われます。


これは、全身麻酔してしまうと、赤ちゃんにも麻酔が効いてしまい
生まれてすぐ、赤ちゃんが泣く事ができず、大きな負担になって
しまうからです。


しかし、お母さんが、腰椎麻酔ができない場合や、
赤ちゃんや、お母さんの状態が悪く、時間の余裕がない
一刻を争うような緊急帝王切開の場合は、全身麻酔を行います。


また、腰椎麻酔での帝王切開中に状態によっては
全身麻酔にきりかえる場合もあります。
posted by mari at 00:05 | 帝王切開の手術方法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。