年子の妊娠


だいたい、帝王切開で出産すると、次の妊娠まで
1年以上あけたほうがよいといわれていますが、
医師や、産院によって、考え方は様々です。


しかし、やはり切開しているわけですから、傷の部分が
脆くなっているので、子宮破裂などのリスクを考えると、
子宮の十分な安静期間は必要でしょう。


だからといって、もし年子で妊娠してしまっても、
赤ちゃんを諦めなければならない、出産できない
ということではありません。


前回の帝王切開の手術方法が、一般的な子宮下部横切開であれば、
リスクはあるといっても、出産は可能ですし、
実際、帝王切開後に年子で出産しているお母さんも
案外多いようです。


ただ、子宮のことを考えると、次回も帝王切開で出産ということに
なるでしょう。


もし帝王切開後の経膣分娩(VBAC)を考えているのならば、
できるだけ、1年以上は避妊したほうが、
できる可能性は高くなります。


前回の手術で、筋腫の摘出をしていたり、
緊急で、子宮を縦切開している場合などは、年子を避け
1年以上は、避妊したほうがいいでしょう。

posted by mari at 00:06 | 帝王切開のリスク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。