帝王切開の適応


どんなときに帝王切開が適応されるのでしょうか。


帝王切開手術は基本的には、
自然分娩が不可能と判断された場合か、
赤ちゃんやお母さんに命の危険があり、
分娩を急がなければならない場合に選択されます。


手術は大きく分けて、分娩を開始する前に、何らかの理由で
帝王切開以外では、出産不可能と判断された場合に行う
「予定帝王切開」と
分娩の進行中に、赤ちゃんや、お母さんに危険が生じ、やむなく行う
「緊急帝王切開」とがあります。


予定帝王切開適応の主なケースは、
逆子(骨盤位)、
児頭骨盤不均衡、
前置胎盤、
前回帝王切開、
多胎妊娠などです。


緊急帝王切開適応の主なケースは、
胎児仮死、
軟産道強靭、
回旋異常、
常位胎盤早期剥離、
前期破水、
微弱陣痛などです。
posted by mari at 22:06 | 帝王切開の適応

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。