帝王切開後の自然分娩(VBAC)


VBACとは、帝王切開後の妊娠で、自然分娩で出産することを言います。
条件さえ合えば、帝王切開をしていても、十分自然分娩は可能です。


産院によって違いはありますが、条件として例をあげれば、

前回の出産が、物理的に経膣分娩が不可能な帝王切開ではなかった
過去の帝王切開は1回のみ
前回の帝王切開後の経過が良好
胎児の妊娠経過も良好
子宮の切り方が、横切り
多胎や逆子ではない
前回の帝王切開から、十分な休息期間を経ての妊娠である
きちんとVBACを行うことの条件や危険性を理解している

などがあげあられます。


これだけの条件がつくのは、VBACには、稀な事ではあっても、
子宮壁が傷で薄くなっている分、子宮破裂という
大きなリスクがあるためです。

子宮が破裂したら、母子ともに命にかかわる場合もあります。

そのため、最初から帝王切開をすすめる産院も多くあります。


VBACを希望するならば、リスクがあるということも理解したうえで
もしものときのために、緊急体制の整った病院で出産したほうが
いいでしょう。



posted by mari at 00:18 | 帝王切開後の妊娠・出産

帝王切開後の妊娠



帝王切開後、次の妊娠まで、どのくらいの期間をあけたらいいのかは、
産院や、医師によって、考え方は様々なようです。


次の妊娠をすることで、子宮が大きくなって、
傷の部分にも圧力が加わり、引っ張られます。
前回に、子宮を切開しているのですから、きちんと縫合して
ついているとはいえ、傷の部分が弱くなっていることは否めません。


帝王切開をした以上は、手術からの期間に関係なく、
子宮破裂のリスクが高くなっています。
手術からの、時間が短ければ、さらにリスクは高くなります。

そう考えると、大体少なくても半年、できることなら、1年以上は
あけたほうがいいといわれているのも納得できるでしょう。


だからといって、1年以内に妊娠してしまったとしても、
出産できないということではありません。
しかし、リスクの点を考えると、帝王切開での出産になることは
ほぼ避けられないでしょう。


次回の出産に、自然分娩(VBAC)を望んでいるのであれば、
できるだけ子宮を安静にする時間を取るために、
最終的に可能かどうかは別として、長い時間を空けたほうが
いいでしょう。

posted by mari at 00:36 | 帝王切開後の妊娠・出産

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。